ピコレーザーでタトゥー除去を体験してみた

ピコレーザーは肌への負担が少なくカラフルなタトゥー除去が可能

就職活動に備えてタトゥー除去を考えるピコレーザーは肌への負担が少なくカラフルなタトゥー除去が可能施術後は肌が軽い火傷状態になってるので注意

レーザー治療を行ってタトゥーを除去する場合、皮膚の中にあるタトゥーの色を粉砕することで綺麗な状態に戻します。
従来のレーザーでは黒い色素は除去ができても、カラーのタトゥーは綺麗に消すことができなかったので、肌が綺麗な状態に戻ると説明を受けてかなり安心することができました。
私の首に入っている小さなタトゥーは、サイズ自体はそこまで大きくないのですが、赤色や紫色などカラフルな色素が入っているので、色を粉砕するために時間がかかってしまうのでは?と不安に感じていました。
ただ実際に治療を受けてみたところ、照射威力の高いピコレーザーを利用しているので、短時間で細かく色素を粉砕することが可能で、やけどの心配もありませんでした。

ファッションの一部としてタトゥーをいれている方が多い中、時間が経って「やっぱり消したい!」なんて人も勿論いますよね💁‍♀️

そこで今回はタトゥー除去におすすめのピコレーザーについてご紹介します😉💕

▼気になる方はこちらをcheck🌈#CRF記事 https://t.co/dyxrposSWz

— ケースレポート📚美容整形のお悩み解決サイト (@CaseReportJapan) 2019年5月24日
レーザー照射で粉砕された色素は、その場で綺麗になるわけではなく徐々に体の新陳代謝によって体外に排出されていくので、実際に治療を行ってから約1〜2週間程度で皮膚がかさぶた状態になり、綺麗にかさぶたが剥がれて下から綺麗な肌が出てきました。
私は1回の施術でも十分にタトゥーの色素が目立たなくなったので、再度施術を行う必要はありませんでしたが、人によってはタトゥーの消え方や肌のコンディションを見つつ、2回めの施術を行うことでほぼ綺麗な状態に仕上げることができます。