ピコレーザーでタトゥー除去を体験してみた

就職活動に備えてタトゥー除去を考える

就職活動に備えてタトゥー除去を考えるピコレーザーは肌への負担が少なくカラフルなタトゥー除去が可能施術後は肌が軽い火傷状態になってるので注意

学生時代にファッションの一環としてファッションタトゥーを首の後ろの部分に小さく入れた経験があり、その時は非常に仕上がりに満足していたのですが、いざ就職活動をする際に首元は髪を結んだ時に見えてしまう可能性が高いので、このままでは印象がよくないと感じタトゥー除去を行うことにしました。
タトゥー自体はワンポイントで非常に小さな物だったので、メイクなどを利用してカバーするという方法もあったのですが、ちょっとしたことで見えてしまった時にトラブルが起こるのが不安だったことから、きちんと医療機関で治療を受けたいと感じるようになりました。
全国展開している大手の美容外科や美容皮膚科では、タトゥー除去を行っているクリニックはかなり多く、タトゥーを入れる人が大幅に増えた反面、除去を行いたいという人もかなり多いということがわかります。

実際に治療を受けた美容外科医でも、新生活が始まる春の時期や、肌の露出が目立ちやすくなる夏の季節は特に除去の施術を受ける患者が増えると説明を受けました。
今回タトゥーの除去に使用したのが「ピコレーザー」を利用したレーザー照射治療です。
カウンセリングの際にピコレーザーの説明を受けましたが、従来のレーザー照射では難しいといわれていたカラフルなタトゥーも綺麗に除去することが可能で、照射時の肌へのダメージを最小限に抑えることが可能な点が非常に魅力的だと感じました。

ピコレーザーのタトゥー除去ピコレーザー刺青除去